南イタリアで昼ごはん

アマルフィ海岸のレストラン

イタリアの昼ご飯は、オープンが遅めで食事も長めです。

現在のレストランやバールの感染防止対策としては、テーブルの間隔を最低1メートルの距離が維持されるように広げて配置して座席数を減らしたり、セルフサービスのビュッフェ禁止、14日前までの予約表の保管が必須など、営業再開に飲食業界や各地のガイドラインが条件付けられています。